本日の給食

本日の給食
 

ICT活用教育推進室

ICT活用教育推進室
 

学校情報

日野市立日野第二中学校
〒191-0062 
東京都日野市多摩平4-5-2
TEL:042-581-0056
FAX:042-581-0116
 

Netモラル(保護者向け)

                   
 

サイト内検索

カウンタ

COUNTER146624

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 

校長あいさつ

『学校長あいさつ』
校長  石川 晴一


 平成29年度が気持ちよくスタートしました。新1年生133名を含め、全校生徒389名、1・3年生が4クラス、2年生が3クラス、そして特別支援学級3クラスの小規模校ですが、生徒は素直で、思いやりがあり、わがままな生徒が少なく、社会性のある生徒が沢山います。そして学校の環境は多摩平の森の中に位置し、自然に囲まれ、学習環境、生活環境にとても恵まれています。保護者や地域は学校に対して、とても協力的であり、地域の底力があります。また、学校区の育成会も活発で、「3世代の集い」「初日の出ふれあいマラソン」を始め、学校と協力した連携行事を毎年行っています。また、豊田駅周辺の開発や、近隣の宅地化の進行により、近未来では本校は20学級以上の学校規模が見込まれています。
本校がめざす学校は以下の通りです。


「自主、自律心の育成・思いやりのある心豊かな生徒の育成・信頼される学校」を目指します。

本校の伝統、生徒、保護者、地域の実態をふまえ、「自主、自律心の育成・思いやりのある心豊かな生徒の育成・信頼される学校」を目指します。また、本校は自閉症・情緒障害児のための特別支援学級<1組>が開設され9年目になります。国連で合意されているインクルーシブ教育(障害者が差別を受けることなく、障害のない人と共に生活し、共に学ぶ教育)を理解し、二中のインクルーシブ教育を全員で推進していくことが大切であると考えます。そして、学校における教育活動全体を通してあらゆる偏見や差別やいじめをなくし、人権尊重教育を推進していきます。

*「自主・自律心の育成」
……自主-他の干渉を受けずに自分の判断で行動する事。自律-自分で自分を抑える事。共に育成したいことです。正しい判断力を身に付け、自ら意欲的、積極的に何事にも取り組める生徒を育成し、わがままを許さない。規則、きまりを守らせる等規範意識を育てることです。「ダメなものダメ」「いけないことはいけない」事をしっかり指導させたい。
  規範意識を育てることは一人ひとりの生徒みんなが落ち着いて、気持ちよく共同生活をするための原点であると考えます。

*「思いやりある心豊かな生徒の育成」
……優しさをもった、感性豊かな生徒を育てたい。
  人と関わり合いが希薄になりつつある現代社会において、お互いに認め合い、思いやりの心をもち他につくす生徒を育てたい。いじめの撲滅や差別意識の撲滅は学校教育において最大の課題であると考えます。特に本校においては特別支援学級(1組)の生徒との関わり合いを大切にし、ノーマライゼーションの考え方を身につけさせたい。また、人との関わり合いによる主原因とする不登校生徒の撲滅を図りたい。その為に教師自身がその子の立場に立って、温かい思いやりと、包容力をもって接し、生徒理解に立った指導を展開していきます。

*「信頼関係の構築」
……教師と生徒、保護者、地域との信頼関係は学校教育を推進する上でとても大切です。友だちと親しみ、わかった、できたと学習に満足感を感じる事によって生まれるものです。信頼関係の上に「信頼された学校」づくりが成り立ちます。
教師と生徒、生徒相互の間に、また、保護者・地域・教職員が、さらには学校に関するすべての人たちと良い人間関係が結ばれ、温かい心のふれあいが築かれていることが大切であり、そのために教職員一同全力を尽くして頑張りたいと思います。 

 

平成29年度も保護者、地域の方々のご支援・ご協力をよろしくお願いします。